阿南哲郎氏の民謡碑

到津遊園園長でもあった詩人・童話作家の阿南哲朗が、昭和7年に作った、「小笠原音頭」の一節が刻まれた石碑。 1971年小倉北区・足立山麓に建てられ、平成5年に阿南哲朗の墓がある「ぎょくせんじ」の境内に移された。 台座は、石を埋めているだけのもので、「ひ」は、1メートル30センチくらい、高さが1メートル50くらいです。厚みも15センチから50センチあたりと、言う所です。表現のしにくい形をしています。色は、こげ茶色です。場所:畑 玉泉寺(ぎょくせんじ)バス停下車。 玉泉寺内。 関連が2つあります。


関連 1 玉泉寺  2 友石てきどう先生の碑


旧跡・碑巡り2へ戻る


阿南哲郎の民謡碑・玉泉寺内